歯を抜いたあと、放っておくと危険です

虫歯や歯周病などで、歯を抜かなければならないと歯医者さんから言われたとき、幾つかの治療方法が提示されます。

ですが、抜歯した後、治療せずにそのままにしてしまっている方もおられます。

確かに奥歯が1本くらいなくても、Water Pik ウォーターピック他人からはほとんど見えないし、物を噛む時も、それほど不自由を感じないかもしれません。しかし、そのまま放っておくと、実は怖いことが起こるのです。

COXO®CX207-GS-TP歯科用ライト付き高速タービン(Sirona®R/Fと互換、カップリング付き)

それは、抜けた歯の部分にスペースが出来るために、両隣の歯が空いたスペースの方へ少しずつ倒れてきます。また、横の歯だけでなく、例えば上の歯がない場合、下の歯が上に伸びてくることがあります。
1本歯がないだけでも、全体の噛み合わせが崩れ、このような事が起こってきます。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2190-b0-デジタルX線センサー.html

その他にも、はっきりと発音できなくなったり、噛み合わせが悪くなることによって、知らない間に全身のバランスが崩れ、肩こりや頭痛、筋肉が張るなどの症状が出る場合もあります。

これらの症状は個人差があり、人によって様々です。
どの場所の歯を失ったかにもよりますので、早めに歯科医院で治療を受けることをお勧めします。

関連記事:総入れ歯の噛む力

安全な治療のためにCT撮影を行います

今日はCTのことを書いてみたいと思います。

北大阪インプラントセンターでは、治療計画書を作成するために、必ず患者さんのCT撮影を行います。

インプラント体を骨に埋め込むためには、このCT撮影が欠かせないのです。

顎の骨の密度と厚みは十分か、骨の形はどうなっているか等を、CTで撮影した映像を専用のソフトウェアに読み込ませて、コンピューターで三次元シュミレーションを行い、分析していきます。

そしてインプラントを埋入する位置、インプラントの長さ、種類等が決定されます。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2158-b0-虫歯診断装置.html

患者さんはお一人おひとり歯の状態や骨の状態が違いますので、CT撮影は必ず行い、あらゆる角度からCTの結果を分析いたしますので、ご安心ください。

Woodpecker®UDSシリーズ根管治療用チップE1(EMSと交換、5本入)

ドクター全員による症例の会議のときにも、CTの撮影結果を見ながら話し合います。

治療計画を立てる段階で、検査と話し合いがしっかり行われることにより、インプラント治療の安全性はかなり高まります。

最新型の歯科用CTは、義歯関連材料一般の医療用CTと比べてX線の量が少なく、患者さんに安全に検査を受けていただくことができます。

このように、当センターでは万全の態勢でインプラント治療に臨んでおります。

ご心配な点がありましたら、いつでも無料相談ダイヤルにお電話ください。

安心して治療を受けていただけるように、専任のカウンセラーがお一人おひとりの疑問を解消いたします。

関連記事:噛めないことによる影響

食後のつまようじに気を付けて

歯にものが詰まったときは、つまようじを使いますね。
食後につまようじを使うのが習慣になってしまっている方もおられると思います。

しかし使い方を誤ると、根管長測定器歯肉を傷つけてしまいます。
食べカスを歯ぐきの奥へ押し込んだりすることもあるので、つまようじを使うのは、歯にものが挟まったときに、それを取る目的だけにしてくださいね。

そして、先がとがっているものよりは、先が三角形の形状に削られているものの方が、歯肉を傷つけることが少ないので、歯のためにはおすすめです。

NSK®スプリング式 コントラアングル NAC-EC

そして歯と歯の間をきれいに掃除する目的では、デンタルフロスや歯間ブラシをご使用ください。

最近では、Water Pik ウォーターピックフッ素をしみこませた歯間ようじや、デンタルフロスも販売されています。
便利なグッズを効果的に使って、虫歯や歯周病の予防に役立てましょう。

関連記事:インプラントはまず情報収集

サボート治療-インプラント治療の成功のカギ

インプラント治療を成功させるための要素はいくつか考えられます。
基本的には外科手術の方法と、インプラントコンポーネントの生体親和性が、インプラント埋入後の治療のゆくえを決定づけます。

さらにインプラントを将来にわたって長持ちさせるという視点では、Water Pik ウォーターピックインプラントと生体との間のインテグレーションが良好な状態で維持されていることが要求されます。

患者さんは誰もがインプラントが長期にわたって安定したインテグレーションを維持することを願っておられますが、稀に口腔内の細菌がインプラント周囲組織に悪影響を与え、インテグレーションを破壊する場合もあります。

高圧蒸気滅菌器・オートクレーブYZM-A-G

その結果、インプラントがぐらついたり、歯ぐきが腫れたり、痛みが出たり、最悪の場合はインプラント自体が骨から抜け落ちてしまうことにもなりかねません。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2031-b0-根管長測定器.html

このような病変を防ぐことが、インプラントを長持ちさせる鍵といえます。
そのためには、メンテナンスにおける歯科医院での十分なサポート体制が必要となります。

代表的なインプラント周囲組織の病変にはインプラント周囲炎があげられますが、それを見つけるにはどうしたら良いか、どのように診断するか、そして予防と治療に関しても、大変重要な事柄です。

関連記事:インプラント周囲疾患の治療1

インプラント周囲疾患の治療1

インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎は感染疾患ですので、治療にはインプラント周囲組織の炎症を解消するために感染を除去する目的で行わなければなりません。

従って、これらの状態の治療のゴールは歯周ポケットの封鎖とプロービングによる出血がなくなる状態になるということです。

また、歯髄診断器適切なメンテナンスを行うことによって、支持組織の喪失の予防に繋がらなければなりません。

これらのゴールの基本は感染管理という考え方です。

インプラント周囲疾患の兆候があるすべての患者に周囲炎についての知識をもってもらい、患者自身の手で感染管理が出来るようにしなければなりません。

Vrn® DTE V1超音波スケーラーI-01

疾患が粘膜炎でもインプラント周囲炎でも、治療の最初の段階は常に感染管理手順が必要になります。

プロフェッショナルな感染管理手順はインプラントと上部構造に付着した硬質・軟質の細菌性付着物のスケーラーによる除去を含みます。
推奨製品:http://www.athenadental.jp/category-2031-b0-根管長測定器.html

使用する器具でインプラントコンポーネントや周囲組織を傷つけないように注意して下さい。

歯の周りで通常行っている“歯肉縁下掻爬”のような深い、盲目的な器具操作はインプラント周囲疾患の非外科的治療ではなるべく行わないようにしてください。

治療方針におけるこの違いの理由はねじ山とその他のアクセスの障害を有するインプラントのジオメトリーに関連しています。

盲目的な器具操作により炎症を起こした組織を傷つける危険も強調しなければなりません。

関連記事:それでもインプラントは高いので悩む

それでもインプラントは高いので悩む

インプラントの最大の欠点は費用が高いということに尽きると思います。
もしインプラントが保険適用になって1本3~5万円程度の負担で済むなら、きっと今よりも気楽にインプラントが出来るようになると思います。

失った歯が1本だけの方でさえ、Water Pik ウォーターピックインプラントの価格を聞いて高いので驚かれる方も多いのです。
既に多くの歯を失ってしまっている患者さんにとっては、お口全体の治療にかかる価格は車が一台買えるほどの価格になってしまいます。

患者さんの負担を考えると、インプラントという提案をしにくい場合もあります。
本当にもう少し安くならないものかと、治療にあたる私達も常に思っています。オートクレーブ

歯科用 ダイヤモンドバー FG TF-11 (100本入)

インプラントは良い治療法なので、出来るだけ多くの方にその恩恵を受けていただきたいのですが、価格の面がかなりネックになりますので、例え患者さんがどんなにインプラントをしたいと望まれても、現実に支払いということになると躊躇される方は多くおられます。

インプラントが自由診療である限り価格面での医療機関側での努力は続くと思います。
失った歯の治療の場合は特に、早く治療を行わなければ両隣の歯が倒れてくる可能性が高いという時間的な制約があるため、そう気長に治療を迷っているわけにもいきません。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2190-b0-デジタルX線センサー.html

歯が抜けてから治療までの期間が長いほど、更に治療が複雑になり費用が多くかかることに繋がりますので、決断を早くしなければなりません。
患者さんはインプラントかブリッジか入れ歯かで大変迷われると思いますが、早くお決めいただきたいのは以上のような理由からです。

関連記事:せんべいやフランスパンが思う存分食べれるようになった

せんべいやフランスパンが思う存分食べれるようになった

インプラントを合計5本入れた50代女性の方ですが、インプラントで歯が1本、また1本と入っていくにつれて、今まで噛めなかったものもしっかり噛んで食べられるようになってきました。

もう好きな物を存分に食べることはすっかり諦めておられたのですから、ご本人にとっては奇跡のような出来事です。根管長測定器

とくに今までは手で小さく割って食べていた硬いあられやおせんべいが食べられるようになり、大好きなフランスパンも手でちぎらず噛みちぎることが出来るようになって、美味しいと大満足されていました。

根幹治療をしたために揺れていた歯もしっかりしてきました。レジンセメント
歯科医院でクリーニングを受けるようになったこととインプラントでしっかりと噛めるようになった影響か、歯周病で溶けていた部分の骨が回復してきているのです。

加熱管 真空成型器専門用

全ての歯の治療には3年と数か月かかりましたが、どんどん良くなって行っているのがわかったので、全く苦にはならなかったとおっしゃっていました。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2132-b0-Water-Pik-ウォーターピック.html

今後大切なのはインプラントのメンテナンスです。
同様に天然の歯のクリーニングも大切です。

インプラントは違和感がないために、数カ月すると感覚的に自分の歯と見分けがつかなくなります。
しかしインプラントと天然歯とは、毎日のケアの際に注意する点が少し違うため、その違いを認識しながら今後おつきあいしていくことになります。

関連記事:入れ歯、ブリッジは残っている歯を痛める場合があります

奥歯でも前歯でもインプラントで機能回復できます

虫歯や歯周病、事故等で歯を失った時に、これまでは入れ歯やブリッジでしか対応できませんでした。現在では失った歯の歯根の代わりにインプラントを顎の骨に埋め込み、その上に被せ物を取り付けることで、失った歯の機能を回復させることが出来ます。

失った歯が奥歯の場合、インプラントによってしっかりと噛む力が出るため、Water Pik ウォーターピック硬いものでも何でも食べられるようになります。歯周病で歯を失った方は歯がぐらぐらするのを気にしながら食事をされていたと思います。そのような方にとって、インプラントの歯でしっかり噛めて何でも食べられるということは、この上ない快感なのではないでしょうか。

失った歯が前歯の場合は、何といっても他人からの見栄えを一番気にされてきたと思います。インプラントの被せ物をセラミックにすることで、天然の歯とそっくりの色に作れますので、他人から義歯だと気付かれることはまずないでしょう。歯科用レントゲン照射器

RDT®手用ニッケルチタンロータリーファイル(Ni-Tiファイル)

インプラントは骨にしっかりと固定されていますが、インプラント治療後は歯周病を起こさないように天然歯と同じように毎日のケアをしなければなりません。つまり、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロス等でていねいにケアを行い、歯垢が溜まらないように気をつける必要があります。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2190-b0-デジタルX線センサー.html

そして数か月に一度は歯科医院で歯科衛生士によるクリーニングをお受けください。その際に歯ぐきが炎症を起こしていないか、歯周ポケットが深くなっていないか、歯科衛生士がチェックしながら歯をきれいにクリーニングします。そうすることでインプラントを永く快適に機能させることが出来ます。

関連記事:歯列矯正は何歳でもできます

歯列矯正は何歳でもできます

大人になると、もう歯の矯正は出来ないのでしょうか?
矯正は子供のうちにしておくべきだと言われる方が多いですが、歯列矯正は大人になってからでも出来ます。むしろ最近では、大人の矯正患者さんの数が以前よりも増えてきています。歯髄診断器

何歳になっても、歯列矯正は出来ますので、歯並びが気になっている方は、すぐに歯科医院に相談してみましょう。最近では、初診が無料の歯科医院も多いので、気軽に相談できると思います。

年齢が高くなると、歯周病の心配が出てきますが、歯周病の方も、歯科可視光線照射器歯列矯正が出来ます。ただし、歯が骨の中にしっかりと固定されている状態でない場合は、先に歯周病の治療をしなければなりません。

Saab®歯科用ホワイトニング装置KY- M209A

歯列矯正は子供のうちにしないと、大人になってからでは遅いという意見は、正しくありません。歯列矯正に関しては、遅すぎるということはなく、いつからでも始められます。子どもの場合は、顎の骨が成長していく過程を利用しつつ治療ができるので、きれいに整いやすいというメリットはあります。しかし、50歳~60歳の過ぎた方でも、矯正治療をされている方はおられますので、遅すぎるというのは間違いです。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2132-b0-Water-Pik-ウォーターピック.html

ご自分の歯並びが気になる方は、長い間一人で悩むよりも、歯列矯正を専門にしている歯科医院に見てもらうことをおすすめします。クローバー歯科クリニック豊中駅前院、豊中本町院では、矯正の初診カウンセリングを無料で行っています。お気軽にご予約のうえ、お越しください。

関連記事:乳歯が抜けました。

虫歯を放置

何らかの理由で虫歯をそのままにしている方も多いのではないでしょうか?
そのままにしていても痛みが特に無かったりすれば、ついつい放置してしまう方もおられるかもしれません。前歯のように目立つ部分だったら気になりますが、奥歯だとなおさらでしょうね。
でも、例えば歯医者が嫌いだからとか、口腔内カメラなかなか治療に通う時間がないからと虫歯を放置すると一体どうなってしまうのでしょうか?

虫歯を放置すると、歯がどんどん溶けたり欠けてしまったり、もちろん痛みもひどくなるでしょう。そこも我慢して乗り越えてしまい神経がダメになって痛みがなくなるころには、ほとんど原形をとどめない姿になってしまいます。こうなると歯が抜けたのと同じですね。そうなると噛み合わせがおかしくなり、他の歯に余計な負担がかかります。歯並び全体にも影響が出たりしますよね。デジタルX線センサー

ワイヤレス LED光重合器 DB-686 DELI 4 カラー

1本の虫歯でも放置すると大変な事になります。更にそこも我慢して、もっと放置すると原因菌が顎の骨にまで到達して炎症を起こすようになります。こうなってしまうと、全身にさらに悪影響が出る可能性があります。1本の虫歯からです。歯は大切にしましょう。
推奨製品:http://www.athenadental.jp/category-2073-b0-歯髄診断器.html

クローバー歯科では初診カウンセリングを無料で行っています。無料初診カウンセリングではレントゲン撮影や検査などを行い、現在の歯列の状態をみていきます。それから治療方法や費用などについて詳しくご説明させていただきます。

関連記事:乳歯は大切にしましょう。