成長に応じたみがき方
寝かせて(みがく)
まず赤ちゃんが歯ブラシに慣れるようにしましょう。歯ブラシを鉛筆の持ち方でにぎり、赤ちゃんの頭をお母さんの膝にのせて、寝かせた形でみがきます。
また、むし歯になりやすい奥歯の噛み合わせ4ヶ所と上の前歯は特に注意してみがきましょう。歯ブラシの毛先を歯にきちんとあて、生体情報モニタ軽い力で小きざみに動かしてみがきます。

立たせて(みがく)
この時期は、乳歯が生えそろったり、顎が大きくなって歯と歯の間にすき間ができたり、最初の永久歯である奥歯(第一大臼歯)が生え始めるなど、口の中の変化の激しい大切な時期です。子供がみがいたあとに、保護者がみがいてあげるようにしましょう。特に、生えはじめの背の低い奥歯や生え変わりの歯並びが凸凹している部分などは、歯ブラシが届きにくいので、歯ブラシを口のななめ横から入れ細かく動かすなどの工夫をしてていねいにみがくように心がけましょう。

ジーシー MIローフロー

点検みがき歯科研磨機
乳歯と永久歯の交換が始まり、永久歯が生えてきます。永久歯はこれから一生使用するとても大切な歯です。子供がみがいた後には、不充分なところをみがいてあげるようにしましょう。特に歯面は、3つに分けて考え、中央部は毛先全面を使ってみがき、左右の隣接面は歯ブラシの脇でみがきましょう。
また、生えたての奥歯(6歳臼歯)は、やわらかく酸に弱いだけでなく、背も低いので、ていねいにみがきましょう。(LIONのHP引用)

子ども自身には歯の大切さは分りませんが、この時期の歯の手入れは大切ですよね。子どもにとっても口内の不快感、歯磨き後の気持ちの良さをは、清涼感として身についていくことだと思います。それが虫歯の予防にもつながるのではないでしょうか。いつも口の中を清潔にする習慣を!
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2073-b0-歯髄診断器.html

神戸三宮インプラントセンターは、お口に関する悩みについては歯科医であると同時にセラピストのような
存在でありたいと考えております。患者様中心主義。患者様のご要望やお悩みを、親身になってお伺いします。どのようなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。スタッフ一同、皆様のお力になれるよう、まごころをこめて
お出迎え致します。

関連記事:肥満の人の内臓脂肪と歯周病

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中