酸性の飲食物によって歯が溶けるという話を、お聞きになられたことがあると思います。

■エナメル質が溶け始めるpH5・5
酸性の飲食物を摂取すれば口の中は酸性に傾きますが、通常は、唾液が酸を中和して口内を中性(ph7.0)に戻し、虫歯診断装置唾液に含まれるカルシウムなどが、溶けたエナメル質を修復してくれます。
しかし、酸に触れる時間が長い場合や頻度が高い場合は、口内が乾いて唾液が少ない場合には、修復が間に合わないことがあり、その場合は酸蝕が進んでしまいます。義歯関連材料その結果、知覚過敏や痛みなどの症状も現れます。

真空成型器バキュームアダプターXG-E01

■対策として
炭酸飲料やpH値の高い飲料・調味料・果物を頻繁に飲食するなど、歯が酸にさらされやすい習慣を改めることが大切になります。乳幼児にジュースを哺乳瓶で与えたあと、そのまま寝かしたり、ワインをちびちび飲んだりするのも控えた方が良いです。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2022-b0-口腔内カメラ.html

■摂取後は
①水やお茶で口をすすぐ
②摂取後30分は歯磨きを控える。(軟化した歯が削れるのを防ぐため)
③デンタルガムやフッ素入りの歯磨き剤で歯質を強化する。

神戸三宮インプラントセンターでは、患者さんの歯の健康のためにという思いで毎日の治療を行なっています。歯でお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。

関連記事:違和感や痛みを伴う口内炎

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中