八重歯や乱杭歯を矯正する場合に、歯をまっすぐに並べようとしたら、
ガタガタになっていた歯が入るための余分のスペースが必要になります。
歯並びの悪い方は顎が小さい場合が多いので、どうしてもスペースが足りません。
このスペースを作るために、「小臼歯」という歯を抜く場合があります。
小臼歯は前歯と糸切り歯の次、大臼歯との間にある歯で、
中心から4本目を第一小臼歯、5本目を第二小臼歯といいます。
推奨製品:http://www.athenadental.jp/category-2031-b0-根管長測定器.html

この第一小臼歯を抜くと隙間ができます。
また、第一小臼歯は、場所的にも前歯を移動させやすい場所です。
この隙間にガタガタの前歯を動かして行くと、きれいに並べることができます。
しかし、やはり歯を抜くことに抵抗を感じるのは普通ですし、アマルガムミキサー
歯を抜かずに矯正できるなら、それにこしたことはありません。

PORXポータブル式歯科X-ray診断装置

そこで、歯を抜かない「スライス矯正」という方法が考えられました。
これは、歯の両側を少しだけ削って、Water Pik ウォーターピック幅を小さくすることでスペースを作ろうというものです。
歯を削ると言っても、ほんの少し(0.25~0.5mm)なので、歯に影響はありませんし、
いちばん外側のエナメル質をすこし削るだけなので、痛みもありません。

こうして歯を削ってできたスペースを使って、歯を移動させていくわけです。
ただし、全ての矯正にこの方法が使えるわけではありませんので、
興味を持たれたら、まずは専門の矯正歯科にご相談ください。

関連記事:歯周病が妊娠成功率に影響

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中